ぱんまんの子育てブログ

雨を乗り切ろう!家の中でも体を動かせるおすすめ室内遊具5選

f:id:niitou:20210630100021j:plain

雨の日は外に行くこともでず、子供が退屈していませんか?

毎日、お外で目一杯遊んでいるので雨の日は体力が有り余ってしまい、機嫌や夜の寝つきが悪くなる原因にもなります。

そんな時におすすめなのが、家の中でも体を動かして遊ぶことのできる遊具です。今回は私が実際に購入し、雨の日に活躍している遊具をご紹介します。

 

 

1.ジャングルジム

全身を使って遊ぶことができる【ジャングルジム】は、室内遊具の定番商品です。ブランコや滑り台が付属している商品が多く、1台で複数の遊びができるのでとてもおすすめです。

アンパンマンのジャングルジムについて、こちらで徹底レビューをしていますのでご参考にどうぞ。

ポイント!
折り畳みできる商品もあるので、雨の日限定で出してあげると、プレミア感があり、子供が飛びつきます。

 

2.トランポリン

トランポリンは足だけを使うイメージがありますが、バランスを取る為に全身を駆使しています。そのため、少し遊ぶだけでも体力を消費します。

近年、運動不足解消やダイエット効果を求めて購入される方が多く、パパママの運動にもおすすめの遊具です。

 

3.ニンジャボルダリング

こちらは家の中で【ボルダリング】ができる子供用の遊具です。ジャングルジムよりも難易度が高く、より全身を使って遊ぶことができます。

型を変えることができるので、日によって変えてあげると違った遊具になり飽きを防止することができます。

こちらで徹底レビューをしていますのでご参考にどうぞ。

 

4.コンビカー・足けり車

足で蹴って進むことができるコンビカーは、乗って遊ぶことはもちろん、手押し車としても遊ぶこともできます。

廊下など長いスペースで遊ぶことができるので、雨の日に大活躍します。

コンビカーについてはこちらで徹底レビューをしていますのでご参考にどうぞ。

 

ポイント!
似たような商品に乗用ラジコンがありますが、こちらは乗っているだけなので体力の消費が少ないです。楽しい遊具ですが、目的に応じて買い分けましょう。

 

5.スラックラック

スラックラックは、室内で【スラックライン】ができるスポーツ用品です。

子供専用の遊具ではありませんが、綱渡りのような運動をすることができます。不安定な場所を歩くので自然と全身を使ってバランスを取り、体力を消費します。

スラックラインは、ダイエットや運動不足解消として、話題のスポーツなので大人も一緒になって楽しむことができます。

 

雨の日を乗り切るコツ

  • 雨の日【限定】の遊具を作る
  • 複数の遊具を使う

 

雨の日【限定】の遊具を作る

普段は閉まっておき、雨の日だけ登場させる遊具を持っていると雨の日に活躍してくれます。

毎日使わないと勿体無いという気持ちもありますが、雨の日限定にすることで、子供からするとレア感があり夢中になって遊んでくれます。

複数の遊具を使う

今回ご紹介した室内遊具があれば体を動かして遊ぶことができますが、1種類だけだと飽きてしまいます。

1遊具あたり、30分~1時間程度しか遊ばないので、複数の遊具を併用し、目一杯体を動かせる環境を作ってあげましょう。

 

まとめ

雨の日はいかに、子供を退屈させないかが大事です。

スマホやテレビを見せてしまうケースが多いかもしれませんが、やはり体を動かして遊ばないと体力が余ってしまいます。

昨今はコロナの影響でなかなか外出もできず、雨の日に出かけられる場所もあまりありません。

そのためにも室内で体を動かせる環境を作ってみてはいかがでしょうか?