ぱんまんの子育てブログ

あなたは知ってる!?果汁100%ジュースの【濃縮還元】のからくり

果汁100%ジュースには、ストレートジュースと濃縮還元ジュースの2種類があります。

スーパーなどでよく目にするのは、濃縮還元の方ですよね。ただ、何が違うのか理解している方は少ないのではないでしょうか。

どちらも100%ですが、明確な違いがあるのです。今回は濃縮還元のからくりについて、調べてみました。

 

 

ストレートジュースとは

100%ストレートジュースとは、生のフルーツをぎゅっとしぼった果汁のみを容器に詰めた商品のことです。

濃縮還元ジュースとは違い、濃縮のための加熱処理をしないため、食材本来の風味や香味を感じることができます。

 

濃縮還元ジュースとは

濃縮還元ジュースとは、言葉の通り果汁を5~6倍程度に濃縮し、還元(元に戻す)したジュースのことをいいます。

濃縮する際に加熱処理を行うため、ストレートジュースと比べると、風味などが劣ってしまいます。また、ビタミンCも加熱により多少減ってしまいます。

 

イメージ図

f:id:niitou:20210906131314j:plain

なぜ濃縮するのか?

  • 保存性を高めるため
  • 運搬コスト削減のため

 

保存性を高めるため

果汁を濃縮すると水分が飛び、糖分濃度が高まります。糖分濃度が高いと微生物の増殖を抑えることができるため、長期間保存が可能になります。

 

運搬コスト削減のため

オレンジジュースのほとんどは、ブラジル、アメリカで採れたオレンジがベースになっています。

約5~6倍に濃縮することで、オレンジをそのまま輸送するよりも多くの量を運ぶことができ、結果運搬コストを削減することができます。

 

果汁100%濃縮還元のからくり

前述したように濃縮還元ジュースは、濃縮果汁に水分を混ぜています。それなのに、果汁100%と記載されています。

【果汁100%って、果汁しか使っていないってことじゃないの?】

と思われる方もいると思いますが、そこには、少しからくりがあります。

 

果汁100%濃縮還元のからくり

f:id:niitou:20210906133228j:plain

 

図のように、果汁を5倍濃縮し【500%果汁】を作ります。こうすることで、運搬が楽になります。

その500%果汁に水分を加え、濃度を薄めていけば【100%濃縮還元ジュース】になるのです。

私もこれを知ったときは、数字のトリックに騙されたと感じました。

 

濃縮還元ジュースは身体に悪いのか?

濃縮還元だからと言って、身体に悪いという情報は見当たりませんでした。

ただ、ストレートジュースに比べてしまうと、以下のような欠点もあります。

 

  • 加熱処理している
  • 水分を加えている
  • いつ濃縮した果汁なのかわからない
  • 味の調整のために、砂糖や塩が添加されてる商品がある

 

とくに子どもに飲ませるのであれば、やはり自然の美味しさを感じることができる、ストレートジュースの方がおすすめです。

自然の味を覚えることで、価格では買えない価値があると考えています。

 

関連記事なります。

子どもの食事によく使う【だし】も自然由来の商品がおすすめです。