ぱんまんの子育てブログ

スノーボードインストラクターは難易度が高い!?資格の難易度・最短ルートをお伝えします。

f:id:niitou:20210316134624p:plain


スノーボードのインストラクターになるのって難しいの?
 
そんな疑問に、現役インストラクターの私がお答えいたします。
2年前に取得したばかりなので、最新情報でお伝えしていきます。
 
◆記事の信頼私は、2019年度にJSBA C級インストラクターを取得しております。

現在、スノーボードインストラクター及び指導員の資格は、こちらから取得することができます。

・JSBA(日本スノーボード協会

・SAJ(公益財団法人全日本スキー連盟

本記事は、【JSBA(日本スノーボード協会) C級インストラクター】を対象として書いております。

 

スノーボードインストラクターの難易度について

f:id:niitou:20210327121153j:plain
Jigsawstocker - jp.freepik.com によって作成された business 写真

結論:検定の滑りの練習を頑張れば、難しくはない

イントラになるための、一歩目は【バッジテストの取得】から始まります。

バッジテストでは、【JSBAの基準に基づいた滑り】が求められます。

フリーライディングがどんなに上手であっても、JSBAの基準に基づいた滑りでなければ、合格が難しいです。

そのため、下記に取り組むことが、バッジテスト最短合格への近道になります。

 

  1. スクールなどで検定対策レッスンを受け、基準の滑りを理解する
  2. バッジテスト用の練習を徹底的に行う
  3. ひたすらバッジテストを受験する

 

スノーボードインストラクターになるには!?

イントラ受験をする際に必要な資格について

  受験者の資格
C級インストラクター JSBA会員であること
申込日までに満18歳以上
バッジテスト1級を所持していること
規定の救急法講習会を修了していること
バッジテスト 1級 JSBA会員であること
バッジテスト2級を所持していること
バッジテスト 2級 JSBA会員であること
バッジテスト 3~5級 誰でも受験可能

※救急法講習会は、C級インストラクター認定講習会当日に受講できます。

イントラになるための、最短ステップ

STEP

JSBAの会員になる

STEP

バッジテスト2級を取得

STEP

バッジテスト1級を取得

STEP

C級インストラクター認定講習会を受講

1 JSBAの会員になる

JSBAの会員にならないと、バッジテストが受けられないので、何はともあれ、会員登録をしましょう。

こちらのページから、簡単に入会することができます。

 

◆注意◆
入会後、毎年8月に更新手続きが必要になります。
更新手続きは、途中入会であっても、8月に更新しないといけません。
シーズン終わりに新規入会すると、すぐに更新となってしまうので、入会時期には気をつけましょう。

 

2 バッジテスト2級を取得

JSBAの会員になれたら、バッジテストを受験しましょう。 

STEP
バッジテストのスケジュール確認
バッジテストは常時開催されていないので、こちらから、スケジュールを確認しましょう。
STEP
集合時間などを直接連絡して確認
その際、試験方式(スキルチェック・レッスンチェック)の希望を伝えましょう。
また、初受験の場合、事前講習が必要です。
午前:事前講習、午後:バッジテストを行うことが多いですが、連集合時間等は確認しておきましょう。
STEP
スクールで申込み
申し込みは、当日スクールに行き行います。
その際、JSBAの会員証の提示が必須になります。
STEP
事前講習
レッスンチェック式・2回目の受験の場合は、必要ありません。
STEP
バッジテスト本番
人数が多いと、待ち時間が多く、体が冷えてしまいます。
カイロなどを持って行き、体が冷えないようにしましょう。
STEP
合格発表
大抵、1時間ほどで合格発表になります。
その間は、フリーで滑走していて問題ありません。
STEP
合格の場合、認定料を支払う
認定料を支払えば、後日資格証が届きます。
WEBの場合、WEB資格証になります。
検定方法について

検定方法には、下記の2種類があります。

①スキルチェック式
  • 検定種目を各1回ずつ滑り、合否を判断する
  • 一発勝負
  • 一度でもミスをすると即減点につながる
②レッスンチェック式
  • レッスン(2時間程度)の中で技術を見極め、合否を判断する 
  • ミスをしても、総合的な技術があれば、合格の可能性がある
レッスンチェック式は、 2019年から導入された検定方法です。
実際に検定を見ていると、こちらの方が合格する確率が高いので、最短でなりたい方には、レッスンチェック式がおすすめです!

3【最難関】バッジテスト1級を取得

バッジテスト1級も2級と同じように受験します。

種目内容が異なり、求められる技術レベルもあがります。

ここで、挫折される方がとても多く、イントラになるための最難関ポイントと言えます。

 

私は、2か月間のうちに、3回不合格を経験し、4回目でギリギリ合格することができました。

 

4 C級インストラクター認定講習会

C級インストラクター認定講習会の流れ
STEP
こちら からスケジュールを確認し、申込を行う
規定の救急法講習会を受けていない場合は、同時に申し込む
STEP
後日テキストが送付
小テストや、講習会当日の宿題が出る場合があるので、読んでおきましょう。
STEP
必須のテキストになるので、購入しましょう。
STEP
当日会場へ行き、受付を行う
JSBAの会員証・バッジテスト1級の資格証が必要です。
WEB会員の場合、WEBの会員証で大丈夫です。
STEP
1日目AM:救急法講習会
救急法講習会を終了している方は、必要ありません
STEP
1日目PM~2日目 C級イントラ講習会
小テストを行う場合があるので、予習しておきましょう。
また、1日目の夜に宿題が出ることがあります。
 
小テストの内容

毎回小テストがあるかは不明ですが、私が受講した際は、以下の内容が出題されました。

JSBAスノーボード教程のプロローグからの出題でした。
なぜ、スノーボードが曲がるのか。リーンアウト、荷重・抜重などは、最低限理解しておきましょう。 
 

 

夜の宿題の内容

1日目の夜の宿題は、指導中のトラブル対応を考えるというものでした。

例えば【前向きで立てない人がいますが、どう教えますか?】といった問題です。

正解はありませんが、考えるのに時間がかかりました。

また、問題数も20問ほどあるので、日が変わるまでかかってしまいました。

 

インストラクター資格を取得した後は?

C級イントラを取得したら
  1. スノーボードスクールに所属
  2. インストラクターデビューに向けて

1 スノーボードスクールに所属

副業としてインストラクターをする場合、スノーボードスクールに所属するケースががほとんどです。。

スクールごと、出勤回数など定められている場合があるので、気になるスクールに問い合わせてみましょう。

ちなみに、バッジテストを受験したスクールに所属するケースが多いです。

2 インストラクターデビューに向けて

スクールに入ってからの大まかな流れはこのようになります。

STEP
初心者レッスンを覚える
挨拶、道具の説明、リフトの乗り降りの方法などを覚えていきます。
他のイントラに初心者役をやってもらい、実践で覚えていく場合もあります。
STEP
先輩の初心者レッスンについていく
実際に初心者レッスンについてき、補助をします
補助とは言え、お客様からすれば、イントラに変わりありません。
自分が教えているつもりで、ついていきましょう。
STEP
仮で初心者レッスンを受け持つ
先輩についきてもらい、初心者レッスンを受け持ちます。
ここで、問題なければ、一人立ちすることができます。
STEP
インストラクターデビュー
イントラデビュー後は、徐々に上級のレッスンなどを習っていくことになります。

 

これで、やっとイントラとして働くことができるようになります。 

こちらでは、実際どんな仕事をするのかをご覧いただけます。

また、気になる給料情報もこちらからご覧いただけるので、ご参考にしてください。